ポイントサイトで注意しなければならない交換手数料について

スポンサーリンク

ポイントサイトの交換手数料に注意!

ポイントサイトのポイントがある程度貯まると、そのポイントを現金、nanaco、T-POINT、Amazonギフト券などに交換すると思います。

そのポイントを交換するときに注意する点があります。

それは、ポイントサイトによっては「交換手数料」を取るポイントサイトもあるということです。また、交換するものによって、有料だったり無料だったりするポイトサイトもあります。

交換手数料はバラバラ

その交換手数料については、全てのポイントサイトが「一律」というわけではありません。

ポイントサイトによって、全部の手数料無料だったり、全部有料だったり、一部有料だったりで、交換手数料については、ポイントサイトによっていろいろというかマチマチです。

ですので、自分が使っている。もしくはこれから登録しようと思っているポイントサイトの交換手数料が有料なのか?それとも無料なのか?その辺を事前に知っておくと良いと思います。

銀行の交換手数料の例

例えば、ポイント交換を銀行で例えると・・・

Aサイト 全銀行「無料」
Bサイト 全銀行「有料」
Cサイト 一部「有料」、他「無料」

そのような感じに分かれると思います。

最後に

コツコツと貯めたポイントを交換するために、そこそこ大きな交換手数料を取られてしまっては、バカバカしいと思ってしまうと思います。

そこで、交換手数料は当然「無料」のところが良いと思います。

ただし、交換手数料が有料でも、ポイントの還元率が高い、商品などを購入する際の提携先が多いなどのメリットのあるポイントサイトもあります。

ですので、交換手数料を考慮しつつ、さらにポイント還元率などを考え、ポイントサイトを利用内容によって使い分けるなどをすると良いと思います。

スポンサーリンク
Our Sponsors
モッピー!お金がたまるポイントサイト
Our Sponsors
モッピー!お金がたまるポイントサイト